1. HOME
  2. メンバー
  3. 青山 忠司

メンバー

青山 忠司

D3 青山 忠司 Aoyama, Tadashi

E-mail: aoyama

東北大学理学部物理学科卒業
30代でWEBコンサルタントとして起業しました!
京都大学大学院理学研究科修士課程
京都大学大学院理学研究科博士課程(在学中です)

こんな研究をしています・・・

aoyama_001.jpgこの図は私がAOGS 2014で発表した時のポスターの一部です。

2014年7月に大型の台風8号が日本列島に上陸し、台風の上空をSWARM衛星が通過した時に観測された磁場変動の東西成分の振幅と台風の位置6日分をプロットしています。

台風上空付近で磁場変動が大きくなっているのが確認できますが、これは、台風付近で大気重力波が生じ、電離層にまで伝播し、E層でダイナモ電流が流れ、沿磁力線電流が生じている可能性を示唆しています。

昼間と夜間で振幅が大きく違っているのは電離層の電気伝導度に関係していると考えられます。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

論 文


  1. Aoyama, T., T. Iyemori, K. Nakanishi, M. Nishioka, D. Rosales, O. Veliz, and E. V. Safor (2016), Localized field-aligned currents and 4-min TEC and ground magnetic oscillations during the 2015 eruption of Chile’s Calbuco volcano, Earth, Planets Sp., 68(1), 148, doi:10.1186/s40623-016-0523-0.

  2. Iyemori, T., K. Nakanishi, T. Aoyama, Y. Yokoyama, Y. Koyama, and H. Lühr (2015), Confirmation of existence of the small-scale field-aligned currents in middle and low latitudes and an estimate of time scale of their temporal variation, Geophys. Res. Lett., 42, 22–28, doi:10.1002/2014GL062555.

English Profile

English profile here.